大規模修繕工事はマンションドクター【悪い部分をしっかり直そう】

作業員

修繕工事を行なう必要性

工事

大規模修繕について知っておこう

大規模修繕とは、主要の構造部の1つ以上の過半を修繕する事が大規模修繕になります。ここで問題になるのが、主要構造部についてですが、これには壁や、柱、床、梁他には屋根、階段などがあります。これについては防火上について主要になる部分があてはまります。例えば壁の場合は、だいたい4面ありますが、その過半以上の2面以上で100平方メートルだとすると、面積で割ると50平方メートル以上の工事を行う事になります。この主要な構造部の1つ以上の過半以上を工事する事が大規模修繕になります。ただ通常では価格の関係で、2箇所や3箇所は同時に行う事が多くあります。壁と屋根の防水関係や、階段の手すりの塗装などを全部一緒に行う事が多くあります。

大規模な修繕には工夫する事で得られるメリットがあります。

大規模修繕を行う為には、修繕工事の検査と工事後の保証がセットになった大規模修繕工事の瑕疵保険に加入するなどの工夫をする事で大きなメリットが生まれます。この保険に加入することで安心して大規模修繕工事が行えます。また、この時に関わった工事会社が万が一倒産した場合でも大丈夫です。このような場合には、修繕工事の発注者に保険金が直接支払われる事で、その保険金で別の業者に補修を依頼する事で解決されます。この保険の申し込みは、工事業者が行う事になっています。なのでマンションなどの管理組合は瑕疵保険に加入するよう工事業者に依頼する事で良いのです。更に工事の契約をする際には、瑕疵保険に加入してもらえるのかどうかを、しっかり確認する事が大切になります。

アスファルトでの舗装工事

アスファルト

雨が降った日でも、水溜まりがないアスファルト舗装道路を見かける事があります。実は、吸水性に優れたアスファルトの特性を生かした先端技術による透水舗装を行う為であり、新しいアスファルト舗装等には多く採用されています。

良い業者に依頼する

ソーラーパネル

どの建物でも年月を重ねると古くなって故障します。故障して多くの人が迷惑かかるのがエレベーターなのです。古くなって故障してしまわないようにも点検は必要となるので、その依頼方法を確認しましょう。

舗装工事は大切

アスファルト

舗装工事とは、道路の表面に石やレンガやコンクリートやアスファルトや砂利などを広げて固める事で、道路を頑丈な物にする工事の事をいいます。これらの舗装工事を行なわなければ道路の状態が悪くなってしまうので舗装は大切です。